ちゃんと知っておきたい。イギリス・フランスブランド

LONDON/PARIS FAVORITE LIST

ORCIVALやDANTONなど名前は知っているけど、実はよく知らないなんていうブランドはありませんか?

気品があって、知的な雰囲気が魅力のイギリスファッション。
着飾らない、シンプルで洗練されたオシャレさのフランスファッション。

そんなイギリスとフランスのブランドの歴史や世界中で愛される理由を掘り下げてチェック。
一緒にアイテムもご紹介致しますので、ぜひ、お気に入りのブランドやアイテムを見つけてくださいね。

ORCIVAL | France

1930年、フランス・リヨンでアンリ・ロベール氏が フランス中部にある小さな村の名前を使って マリンTシャツのORCIVALブランドをスタート。 1970~80年代にはフランス海軍でこのマリンTシャツが 制服として採用されていたという 由緒あるブランドとして有名になりました。 ORCIVALのマリンTシャツの原型は元々 ラッセル編みという生地で作られたもので 現在、この生地を織れるマシンはフランスでも数台しかなく 編むのにも時間がかかり、大量に生産されない状況です。 それだけにORCIVALのマリンTシャツが 独特なものとして価値があるとも言えます。 パブロ・ピカソも愛用していたといわれる白地にロイヤルブルーのストライプが原型で 現在はいろいろなカラーや素材のバリエーションが楽しめます。



┃ORCIVALといえばバスクシャツ。

  • ORCIVAL|コットン100%長袖バスクシャツ

  • 10/●NewORCIVAL|フランネルボートネックプルオーバー

  • ORCIVAL|メリノウール ボーダーニットプルオーバー

  • ORCIVAL|フレンチテリージップアップパーカー

  • ORCIVAL|クルーネックボーダーワンピース

┃アウターもたくさん。

  • ORCIVAL|ジーロンラムメルトンダッフルコート

  • ORCIVAL|ウールメルトンチェスターコート rc-8727gsm

  • ORCIVAL|ウールメルトンフーディーコート

  • 10/●NewORCIVAL|パイルカットヘリンボーンロングダッフルコート

  • ORCIVAL|メリノウール ボーダーニットプルオーバー

DANTON | France

1931年にガブリエル・ジョージ・ダントン氏によってフランス・ロワレ シェール県シャトールで創設されたワークウエアブランド。 主にカバーオール・ジャケット、ブルゾンやパンツの作業着と、 料理人やレストランスタッフ向けのジャケットとパンツ等を製造していました。1970年代中旬頃から90年代までパリ市内を含む多くの行政やパリ地下鉄を司るP.A.T.P社、フランス国鉄S.N.C.F社などへの制服や 作業服を納めていた由緒あるブランドです。 ワークならではのシンプルで質実剛健なウェアでありつつも、 フレンチらしい小粋でエスプリの利いた、洗練されたテイストを併せ持ってます。 その中でも毎年人気なのがウールモッサシリーズ。ウールモッサとは、紡毛織物を縮絨して起毛し、毛を長めに刈ってふっくらさせた素材です。密度が高く表面が毛羽で覆われた肉厚な生地は、軽くて柔らかく、保温性に優れています。そこにシンプルなDANTONのデザインが加わり、スタイルを選ばずコーディネートしやすい一着です。



┃軽くて暖かいDANTONウールモッサは毎年人気。

  • DANTON|ウールモッサジャケット

  • DANTON|ウールモッサフード付きコート

  • DANTON|ウールモッサーフード付きコート

  • DANTON|ウールライトモッサラグランスリーブフーディーコート

  • DANTON|ウールライトモッサステンカラーコート

┃ダウンもたくさん勢揃い。

  • DANTON|Vネックインナーダウンベスト

  • DANTON|クルーネックインナーダウンジャケット

  • DANTON|ラクーンフード付きタッサーダウンジャケット

  • DANTON|ラクーンフード付きタッサーロングダウンジャケット

  • DANTON|ラクーンフード付きキルティングレス タッサーダウンジャケット

Le minor | France

1936年にフランスの西海岸 ロレアン地区で創立され、上質な天然素材を使用し クオリティが高いシンプルなカジュアルデザインに定評があるブランドです。 創業時からの企業理念を守っており、現在も頑なに反物から製品までを一貫してフランスにある自社工場で生産しています。 品質維持のために、スモールビジネスに徹し、年間の生産数が限られるアイテムは非常に希少性の高いものとなっています。他社ではあまり見ることができないバリエーション豊かなコットンのカラフルなボーダーのカットソーは高く評価を得ていて、世界中のフレンチ・カジュアル・ファンの間で愛されています。 また、加工を加えていない上質な100%COTTONの定番生地は高い定評を得ています。 そのクオリティーや長年着続けられるタフさから、再び2006年よりフランス海軍への供給が始まりました。



┃Le minorのマリンボーダーも人気。

  • Le minor|ウールミックスボーダーワイドセーター

  • Le minor|ウールミックスボーダーワイドセーター

  • Le minor|ロールネックウールドレス

  • Le minor|ウールライトモッサラグランスリーブフーディーコート

  • Le minor|ウールライトモッサラグランスリーブフーディーコート

GUILLAUMOND | France

1946年にフランスで設立されたニットメーカーです。 リボンの生産からスタートし、今もなお家族経営で“made in france”と高いクオリティを守り続けています。現在は年400種もの優れたデザインのストールやマフラーなどを世界中に提供してます。ストール等の織り製品やウール系の編み製品などだけでなく、ストールや帽子、グローブなども得意とし、織製品も充実しています。フランスらしいカラーリングと、 独特な質感や確かな素材で上質かつエスプリの効いたアイテムが豊富。



┃こだわりの素材とぬくもり。

  • GUILLAUMOND|モヘアロングストール

  • GUILLAUMOND|モヘアロングストール

  • GUILLAUMOND|フリンジヘム ランダムパターンアルパカストール

  • 10/●NewGUILLAUMOND|大判フリンジストール

  • 10/●NewGUILLAUMOND|ニット切り替えスヌード

KLEMAN | France

1946年に創業したCLEON社のミリタリースペックの基準をクリアーしたワークブーツブランド。フランスでは主にサービスシューズなどを展開しており、軍や消防署や市役所、公共施設などにも提供されています。ポストマンシューズのPASTAN、ウィングチップモデルのSUFON、チロリアンシューズのPADRE、ローファーのSLIMOなど、作りもさることながら、フランス製にしてシンプルなデザインと高いコストパフォーマンスが特徴です。 aranciatoでお取扱いのあるPADREは、ソールの製法はセメント製法。クッション性が高く、長時間歩いても疲れにくい。さらに、Klemanは独自のソールSHOCK ABSORBERを使用しており、磨り減りにくく長く大切に履いて頂けます。



┃フランスではリアルワーカーにも愛される

  • KLEMAN|チロリアンレザーレースアップシューズ

Arvor Maree | France

フランスのサーフスポット、ラカナウのロコ・サーファーたちが プライベートなプリントTシャツを作ったことが始まり。ブランドネーム "Arvor"は、ブルターニュ地方の古語「海」を表す言葉から敬愛を込めて付けられました。一見シンプルなスタイルに"Arvor Maree"らしいマリンティストを加えたデザインがさりげないスパイスとして効いています。 サーフィンのみにこだわらず、「海を愛する全ての人たちに着てほしい」との思いを込めて"潮風を感じられる日常着"をテーマにモノ作りを続けています。 また生地からこだわり、すべてフランス国内の縫製工場にて生産しています。



┃潮風を感じながらサラッと着られる

  • Arvor Maree|パイル地ボートネックプルオーバー“BOAT NECK”

  • Arvor Maree|裏フリースプルオーバーニットベスト

JOHN SMEDLEY | England

1784年に創業された古きよき英国の伝統を引き継ぐ 老舗のニットウェアブランド。イギリスで最も古い歴史を待つ英国を代表するブランドです。 エリザベス女王も兼ねてからのファンであり、買い付けには自ら店舗に足を運んでいたという。 「最低5年以上英国王室に商品提供する」という条件をクリアし、英国王室御用達ブランドのひとつとなっています。 シーアイランドコットンやニュージーランドメリノウールなど素材にこだわり最終工程を熟練した職人によって 手作業で丁寧に行い作り出されたニット製品は着心地の良さから世界中で根強い人気を誇っています。古きよき伝統と今日のテクノロジーを組み合わせた質の良いニット製品を作り続けています。



┃一生モノのニットを手に入れるなら。

  • 10/●NewJOHN SMEDLEY|30Gクルーネックウールニットプルオーバー

  • 10/●NewJOHN SMEDLEY|Vネックウールニットプルオーバー

  • 10/●NewJOHN SMEDLEY|30Gタートルネックウールニットプルオーバー

  • 10/●NewJOHN SMEDLEY|30Gクルーネックウールニットカーディガン

  • 10/●NewJOHN SMEDLEY|24Gロングウールニットカーディガン

  • 10/●NewJOHN SMEDLEY|30GVネックウールニットカーディガン

  • 10/●NewJOHN SMEDLEY|30Gウールニットショール

O'NEIL OF DUBLIN | England

高品質のキルトスカートで有名なアイルランドのO’NEIL OF DUBLIN。 1850年代からアイルランドの首都ダブリンで民族衣装であるキルト製品を作り続けている名門ファクトリーブランドです。 現在も、ダブリンの中でも古い歴史を持つテンプルバーで伝統の製法に基づいて丁寧に織り上げられる製品は、 流行に左右されないトラディショナルなスタイルが魅力です。そして、現在でもなお伝統の製法に基づいて織り上げたキルトを使用し、新しいトラディッショナルルックを作り続けています。



┃秋冬のクラシカルなスタイルに。

  • O'NEIL OF DUBLIN|aranciato別注ウールプリーツ巻きスカート

  • O'NEIL OF DUBLIN|aranciato別注ウールプリーツ巻きスカート

  • O'NEIL OF DUBLIN|aranciato別注チェック巻きスカート

  • O'NEIL OF DUBLIN|aranciato別注チェック巻きスカート

  • O'NEIL OF DUBLIN|aranciato別注ウールプリーツ巻きスカート

  • O'NEIL OF DUBLIN|aranciato別注チェック巻きスカート

  • O'NEIL OF DUBLIN|aranciato別注チェック巻きスカート

  • O'NEIL OF DUBLIN|aranciato別注ウールブレンドタックチェックスカート

  • O'NEIL OF DUBLIN|aranciato別注ウールブレンドタックチェックスカート

  • O'NEIL OF DUBLIN|コンビネーションチェックキルトスカート

Dr.Martens | England

1945年、、ドイツの医師クライス・マーチンがスキーの事故に遭遇した際に リハビリ用に、タイヤのラバー素材に空気を入れて、ドクターマーチンソールを開発したことで始まりました。 その後、改良を重ね、耐油性、耐酸性、耐摩耗性といった耐久性や履き心地を向上させ、60年代には労働者から絶大な支持を得るようになりました。その後、徐々にストリートカルチャーの要素と結びつき、ストリートファッションとつながりの深いブランドとして成長、ミュージシャンの支持を集めたことで、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、クイーンなどの大物ミュージシャンが愛用しました。現在も様々なブランドからコラボレーションのオファーを受けるなど、ファッションシーンでは欠かせないブランドとなっています。



┃ハードでありながら品の良さもある。

  • Dr.Martens|ポインテッドトゥレザーシューズ“BELLADONNA POINTED 2-EYE CREEPER”

  • Dr.Martens|スムースレーザーサイドゴアブーツ”CHELSEA BOOT”

  • Dr.Martens|Tストラップレザーシューズ”T BAR MARYJANE”

  • Dr.Martens|8ホールレザーブーツ“PASCAL 8 EYE BOOT”

LAVENHAM | England

1969年、ロンドン北東部サフォーク州で その美しい村の名にちなんで名付けられ誕生しました。 エリザベス女王に仕える女官であった創設者のミセス・エリオット(Mrs.Elliot)が 1969年に発案したホースプランケットは、丈夫で保温性が高くまた単価も適正であった為1972年に多くの乗馬愛好家の要望でタイヤモンド・キルティングジャケットの誕生につながりました。愛馬とお揃いのジャケットを着たジョッパーが増えていったほどです。 高いデザイン性と安定した品質で欧州を中心に高い評価を得ており、ファッション性も取り入れながら長く着続けられるものとして、そのバランスを保ち続けることが英国でも長い間高い評価を受けています。 また現在でもすべての商品は英国内の自社工場で厳選し、1着ずつ丁寧に作られています。 キルティングには2014年モデルから、高密度に織りあげ強度をアップさせた[ラブンスター]を採用。 撥水加工は施され水分やシミ汚れが内部に染み込むのを防ぎます。ほつれにくく耐久性のあるキルトステッチは限界まで細かくし、ストレッチ性のある糸を使うことで運動性を高め着心地の良い仕上がりです。 新素材やスタイルを増やし、ファッション・ブランドとして英国を代表する地位を確立しています。

┃軽く暖かな着心地

  • LAVENHAM|キルティングダウンフード付きベスト

  • LAVENHAM|ノーカラーキルティングジャケット

  • LAVENHAM|ウェーブパターン アーミーキルティングコート

  • LAVENHAM|縦キルト×ヘビーウールラグランコート

  • LAVENHAM|ノーカラーキルティングファーコート

  • LAVENHAM|フード付きキルティングコート

JOHNSTONE OF ELGIN | England

1797年に創設され200年以上の歴史を持つ、原毛の厳選から紡績、ウィービング、ニッティングまで手掛ける、英国でも珍しい一貫生産工場を持つ老舗高級ブランドです。 “最高のもののみが全て”という経営理念に基づき、全ての行程に熟練の技術と信頼のおける品質を持って操業しています。 この理念は200年以上を経た現在の熟練スタッフにも受け継がれ、厳選された原料にこだわり、創業時から活躍するカーディング機やアザミ起毛といった伝統的な工程を残しながら、近年の小ロット生産にできるだけ迅速に対応すべく、新しい染色機や縦糸成型機の導入など、独自の生産背景を利用して、品質と価格のバランスがとれた商品の供給に尽力し、世界中から信頼と高評価を集めています。
特にJOHNSTONE OF ELGINのカシミヤは、美しくシンプルなだけに質の良さが際立ちます。ずっと首に巻いていたいほどの気持ち良さをぜひ体感してください。

┃200年も続く歴史を、肌で体感。

  • JOHNSTONE OF ELGIN|カシミアチェックマフラー

  • JOHNSTONE OF ELGIN|チェック柄カシミヤ大判サイズストール

  • JOHNSTONE OF ELGIN|スペシャルカラーカシミヤ大判サイズストール

  • JOHNSTONE OF ELGIN|ウインドウペーンチェック柄カシミヤ大判サイズストール

GRENFELL| England

1922年創業のイギリスの老舗アウターウェアブランド。 著名な探検家であり、 医師でもあるウィルフレッド・グレンフェル卿に由来。当時の特権階級のみに許された、登山やモータースポーツ、ゴルフ、飛行機などの贅沢な世界で、新たな記録に挑戦する貴族たちを虜にし、イギリスを代表するブランドに成長しました。それは、バーバリーやアクアスキュータムと 並び賞されるほど。 当時のクラシカルなスタイルを踏襲しながら現在のスタイルに合うようモダナイズされており、現在でも、 カッティングや仕立ては英国で行っています。緻密な縫製と美しく機能的なファブリック、どの角度からもエレガントなパターンなど本格的な冬にも胸を張って迎えられる大人のブランドと言えます。英国王室関係者が愛用していることでも知られ、 現在エリザベス女王のロイヤル・ワラントを授かっているブランドでもあります。

┃英国を代表するGRENFELL

  • GRENFELL|ウールロングダッフルコート

  • GRENFELL|Aライントレンチコート

  • GRENFELL|トレンチコート

CLIPPER CASUALS| England

1974年創業のイギリス・ノッティンガムの老舗ニットファクトリー。 ヨットや航海に使う船漕ぎ用のセーター作りなどから始まりました。 世界のウールのわずか3%しかないとても希少価値の高い、英国羊毛公社認定の純毛“ブリティッシュウール”を100%使用し伝統的な手法で良質なニットアイテムを生産しています。 天然の素材ならではの暖かさと温もり溢れる表情、快適で使いやすいニットアイテムは世界中から信頼を得ています。 丁寧に作られる上質な製品は、製品の持つ暖かみや保温性はもちろん、CLIPPER CASUALSのデザイン性の高いモノ作りからも創業以来、世界中の多くの人々に支持され続けています。

┃世界でたった3%の希少な暖かさ

  • CLIPPER CASUALS|ミックスケーブルスヌード

  • CLIPPER CASUALS|ケーブルボブニットキャップ

  • CLIPPER CASUALS|ケーブルボタンウールニットキャップ

Owen Barry| England

バリーファミリーは5世代に渡りシープスキンとレザーのなめし加工に携わってきました。しかし戦争などにより一時は工場も失い、事業を中断せざるをえない時もありましたが、革の製造を主に勉強していたOwen Barryにより、1948年イギリスの南西部サマーセット州にて作られました。 一つ一つの工程を職人が丁寧に仕上げることにより、他ではないようなラムやアイスランディックの素材が美しく魅力的なアイテムへと変貌を遂げます。その美しさに虜になった有名ブランドも数多く、ファクトリーブランドとしても成長しています。 現在は、オリジナルブランドにも力を入れ、高品質なシープスキン製品を発表しています。 長年培われた技術、デザイン性、ラクジュアリーで贅沢な素材を使用した確かな品質を今も変わらず提供しています。

┃自分へのご褒美として特別なモノを。

  • Owen Barry|TOSCANA SHORT ロングムートンコート

  • Owen Barry|TOSCANA SHORT ロングムートンコート

  • Owen Barry|シープファーカウレザー切替バッグ“STOGURSEY”

Church's| England

靴造りの町として有名なノーザンプトンメープルストリート30番地に1873年、チャーチ兄弟が小さな工房を開いたのが始まり。現在でも、チャーチはクロムウェルのピューリタン革命時代からの靴造りと密接な関係がある町ノーザンプトンで靴を造り続けています。工場はセント・ジェームス地区に位置し、グッドイヤーウェルト製法の紳士靴を造る単体の工場としてヨーロッパ最大の規模となります。多くのブランドでは機械を使って効率化していますが、今でも250にもなる全工程を手作業で行っています。 正統派の英国靴として不動の地位を確立し、欧米のセレブリティや007のボンドも愛用することで知られています。現在は、プラダとパートナーシップを締結し伝統的なクラフトマンシップが感じられる英国らしい気品に溢れたイメージから、ファッションを意識したアイテムまで幅広く揃い時代を超えて受け継がれてきたこのブランドの美学が凝縮されています。

┃英国靴としての風格。

  • Church's|ウイングチップポリッシュドレザーヒールシューズ“CATHERINE R”

SANDERS| England

1873年にウィリアム・サンダースとトーマス・サンダースの兄弟によって ラシュデンに設立された約135年の歴史を持つ靴の聖地ノーサンプトン最後の実力派メーカーです。 伝統的なグッドイヤーウェルト製法は現在でも引き継がれ素材へのこだわりは今でも変わらず天然素材をパーツのほとんどに使用ています。紳士的な佇まいでありながらその耐久性や使用感から英国国防総省向けにも供給されており、その製造ラインを共有することでコストパフォーマンスにも優れています。また、英国女王陛下のマーク「ロイヤルクラウン」を刻印できる、数少ないブランドの1つである。 堅牢な作りに無骨な表情をキープしながら、都会的な表情に仕上げられたフォーマルな着こなしには言うまでもなく、ラフなスタイルにも難なく対応してくれる老舗MADE in Englandのシューズをお愉しみください。

┃最初の1足として。

  • SANDERS|ミリタリーダービーシューズ

  • SANDERS|タッセルロングウィングシューズ

HUNTER| England

創業は1856年。革新的な由緒ある英国伝統ブランドです。過酷な環境や厳しい天候からパイオニアたちの足場を防護するために設計されたデザインがハンターブランドの原点。それは今でも先駆者たちによって受け継がれています。 後にハンターを代表するブランドの象徴的デザイン「オリジナル・ブーツ」は1956年に発表されました。 足の健康に考慮した靴型に基づき、抜群の快適さとフィット感を追及して特別なデザインを施しています。現在でも当初と同じ靴型と28個におよぶパーツを用いて、今日でも手作業で作り続けられています。この職人技を重視しているからこそ、抜群なフィット感と快適さを提供することが可能にしています。 また、HUNTERのラバーブーツは、フットウェアとしての質の高さに定評があり、女王陛下によって最高品質の証でもあるロイヤルワラント(英国王室御用達)の認定を受賞しています。 実用性を求める開拓者や探検家からファッション性を求めるセレブ達や著名人までの幅広い層に人気を誇っており、1981年には亡き元英国皇太子妃ダイアナがチャールズ皇太子との婚約中の写真で愛用され、その後英国を代表するファッションモデルのケイト・モスにも着用されているほど。英国国内や世界中で高い認知度を誇っています。

┃英国伝統ブランドでありながら、常に進化し続ける。

  • HUNTER|オリジナルチェルシーサイドゴアラバーブーツ

Table of Contents