よみもの|Piu di aranciato

piu di aranciatoのよみもの

  

花と暮らす Vol.1

2021/10/09



━まずは1種類、1輪だけでも飾ってみる━


ふと目にした瞬間「心地良いな」と感じる場所に飾るのがおすすめ。もちろん、好きな花を何種類か混ぜて飾ってもOK。あえて1種類に絞って飾るのもその花の茎や葉の動きが分かりやすくなり、 シンプルかつお洒落に飾ることができます。



━花瓶を持っていなくても大丈夫、空き瓶などを再利用━



なんてことないボトルも麻紐を巻くだけで雰囲気を変えて楽しめます。

━忙しい日々の中でも花を楽しむ裏ワザ!━

花を長く楽しむためには “花瓶の中の水をいかに清潔に保つか”という点がとても重要。毎日水を替えて花瓶を洗うことベストですが、忙しい日々の生活の中ではその手間にハードルの高さを感じてしまうこともあるのでは。そんな時は台所用液体漂白剤を1滴程度水に足すだけで、花瓶の中の雑菌の増殖を防ぎ、水替えの頻度を減らすことができます。

漂白剤の分量の目安は1輪挿しサイズの花瓶なら1滴弱、大きな花瓶になると少し分量を増やしてください。水に漂白剤を入れた後、匂いを嗅いだ時に漂白剤特有の匂いを感じたら入れすぎです。漂白剤の入れすぎは花の負担になってしまうので、まずは少なすぎるかな?と感じる分量から試してみてください。漂白剤を入れても数日おきに花瓶の中の状態はチェックして、定期的に水替えをしてくださいね!

※花瓶の材質によっては漂白剤が使用できないものもございますのでご注意ください。

いかがでしたでしょうか。
気分転換にちょっとしたコンビニスイーツを買って帰るのと同じように、ぜひ花も気軽に買って帰ってみましょう♪

小山真沙美/フリーフローリスト。
2007年から修行を開始し、フランスにてart de floral diplomaを取得。「お花で笑顔と癒しを届けたい」との想いで、日常のお花からウェディングなどの特別なお花までフルオーダーメイドで対応。ナチュラルなテイストが得意。好きな動物はフェレット。
instagram:@freefloristkoyama

  • 最新のよみもの

  • いつもと同じ毎日でもネイルでHappyに。
    毎日、洋服を選ぶようにヘアスタイルも気分…

  • 花と暮らす Vol.1
    まずは1種類、1輪だけでも飾ってみる…

  • お洗濯を楽しもう。
    家事が苦手な私が唯一好きなもの…
  •      

  • 家庭菜園には夢が埋まっている
    スーパーでは見かけない珍しい野菜達をふらふら…

  • わたしのための絵本紹介
    昨年子供が生まれてからは、本屋に立ち寄った時は…
FOLLOW US
© 2021 Piu di aranciato ALL RIGHTS RESERVED.